借入豆知識 | 【キャッシングインフォナビ】Cashing Info Navi

安心安全な消費者金融の申し込みご紹介!! 低金利ローン、おまとめローン、無利息ローン、女性ローンまで融資用途多様!消費者金融の審査申込みの際お役立ていただければ幸いです。

topbar002.png

キャッシングインフォナビではキャッシング初心者でも安心して利用できるように、いろいろな角度から分析し、厳選した優良キャッシング業者を掲載しています。金利や融資枠だけではなく、ご利用方法、人気ランキング形式など、総合的に判断できるので、安心して選べます。

topbar004.png

消費者金融黎明期

消費者金融の歴史は約40~50年と言われており、さほど古くはありません。しかし消費者金融が登場するまでにも、お金を貸してくれる所はありました。 その答えは銀行だと思う人もいらっしゃるかも知れませんが、現在でもそうですがこの時代の銀行も基本的には企業への融資は行っていたのですが、 個人への融資は皆無と言えるほど行われていませんでした。実は消費者金融の先駆けともいえる業者は質屋だったのです。質屋の歴史は古く鎌倉時代まで遡ると言われています。 その質屋から現代の消費者金融の形を作ったのが、みなさんもご存知の武富士の創業者であり、自分が住んでいる団地の住民を相手にお金の貸付を行ったのが武富士の始まりで、 それが昭和35年前後だと言われています。この時期を境に大手と呼ばれる各消費者金融も、社名こそ違えど創業を開始します。 この当時は貸金業に対する法律も整備されておらず、現代と比べると想像もできないような高い金利で、お金の貸し借りが行われていましたが、 それでも多くのサラリーマンが利用を行い、需要の増加と共に街中のあらゆるところに貸金業者が店舗を構えるようになり、世間では高利貸しや、 サラリーマン金融を略して「サラ金」などの名称で呼ばれていました。

消費者金融躍進の時代

1970~1980年代にかけては、「サラ金地獄」という言葉が世間に広く浸透し、人権を無視するかのような激しい取立、常識を逸した高い金利などの違法な営業が、 マスコミにも再三取り上げられ社会問題となっていましたが、1990年代になるとこのような業界の悪いイメージを払拭し、健全なイメージを作るために打ち出された作戦として、 タレントや動物を起用したテレビコマーシャルを行う事で、イメージの改善に努めます。このテレビコマーシャルと同時期に登場したのが無人契約機で、 この無人契約機が現代の消費者金融の躍進に繋がり、わずか20年足らずで消費者金融業界は20兆円産業へと成長していくのです。

1万円から借りられる便利なネットキャッシング

他の金融機関からお金を借りたい時、返済のことがすぐ頭を過ると思います。どうしても50万、多いところでは100万円からしか融資が受けられない所が多いと思います。そんなに融資を受けとっても、返せないから諦めるという方も多いと思います。このネットキャッシングでは、最低1万円から20歳以上で、パート・アルバイト・派遣社員の方でも安定収入がある方なら誰でもお申込みいただけます。もちろん、ちりも積もれば山とならないように計画的に借りて頂きたいと思います。どうしても、緊急にお金が必要な時にお近くのコンビニや指定金融機関でお金を借りられるこの便利なネットキャッシングは、絶対に入っていて損はないと思います。

ローンで便利にキャッシング

キャッシングというとなんか怖いイメージがあるかと思いますが、実際に使ってみた私からすると、こんなに便利なサービスは他にはありませんね。出費がかさんで月末に大ピンチになっちゃうことは誰にでもあると思いますが、そんなピンチを乗り切るために、最近のキャッシングはマストアイテムといっても良いと思います。なんせ一時期より金利がかなり安くなっていて借りやすくなっていますし、万が一の事故に備えて、借りられる金額も減って、安全性という意味では銀行のカードローンもかなり低金利。どうしても借金はしたくない!という方も居られると思いますが、そういう方でさえ、一度調べてみると考えが変わるくらい、便利で安全なサービスに生まれ変わっていますよ。キャッシング、気になる方はどうぞチェックしてみてください。

担保もなく利用できちゃうキャッシング

銀行からお金を借りるとどうしても担保が必要になるイメージがあると思いますが、最近のキャッシングは担保もなにもいりません。大手銀行系のフリーローンなど、中身はまんまキャッシングなんですが、これにももちろん担保は不要。手続き自体も十分で終わるスピーディさで、緊急時に滅茶苦茶重宝します。社会人になるとなかなか親からお金を借りるわけにもいかないので、月末に大ピンチの時なんかには物凄く便利ですよ。興味が有る方は、まずは金利の比較などからやってみるといいかもしれません。使い方によってはただでさえ便利なキャッシングがますます手放せないものになりますよ。どうせ使うなら、少しでも安く、便利にどうぞ!

平日はもちろん土日も即日融資のネットキャッシング

普通に、融資を受けるなら平日しか受けられないという方は多いと思います。ネットキャッシングでは、平日ももちろんパソコン・モバイルのWEBから来店不要で申し込むこともできますので、休み時間にも大いに利用して頂きたいと思います。しかし、休日に時間のある時に家でじっくり当ホームページの返済計画や買い入れ計画のソフトでシミュレーションして、計画的かつ安全に借りて頂きたいと思います。そこで、このネットキャッシングは、土曜日も日曜日も申し込めるようになっております。また審査も数秒で、審査が通れば、わずか30分でもう融資が受けることができますので、土日にこそお金が必要な方のニーズにマッチングしております。

元金とは

現在借りている金額のことです。この元金に契約利率を掛けて利息金額を計算します。残高照会をした後に全額清算をしようとしたら金額が変わった、 という経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、元金とは利息を除いた「純粋な」借りているお金だからです。基本的に毎月の返済時には、 一定の元金に利息をプラスして支払います。

利息とは

金銭の使用対価として、金額と使用期間に応じて支払われる金銭のこと、平たく言えば「お金のレンタル料」です。 レンタルDVDは、映画などを家で鑑賞できる対価としてレンタル料を払います。もし返却に遅れてしまった場合は、通常のレンタル料より高くなることが多いです。 これは、きちんと期日までに返してくれれば、その映画などを他の人に貸して得られたかもしれない利益を肩代わりさせる役割を果たしています。 キャッシングの遅延損害金も同じ発想です。ほとんどの場合、利息分以上を入金すれば支払日を来月に繰り越すことができますが、元金が減らないので、 支払っても支払っても元金が減らない、という事態になってしまいます。 レンタルDVDで例えるなら、延滞料ばかりを支払い続け、DVDがいつまでも手元にある状態です。

リボルビングシステムとは

△△ボルビング返済、××リボルビング返済と、しょっちゅう登場する「リボルビング」ですが、日本語に訳すと「回転信用」となります。 回転式弾倉を持つ拳銃(リボルバー)が語源となっています。融資においては、限度額内で何度も自由に借入ができるシステムであり、 返済においては、一定の金額、もしくは一定の割合の金額を毎月支払うシステムとなっています。分割払いは支払い回数を指定するのに対し、 リボルビング払いは毎月の支払い金額を指定する点が特徴です。繰り返し使えて便利であり、毎月の支払い金額が一定で返済計画が立てやすいというメリットの一方、 借入が増えても支払い金額が変わらないため、気がつかないうちに残高や支払い利息が膨れ上がっているというデメリットもあります。

スピーディな審査を行ってくれ即日融資に対応してくれる、消費者金融を重要視するというのも状況によっては選択肢の一つです。

審査が甘い消費者金融に注意した方がいい?

近頃では、苦しい借金のため、自己破産してしまう人も増加しているそうです。 それと、債務を重ねることによって、融資を受けることができなくなるんですね。そのような状況にある人は、悪徳会社の標的となりやすく、 その被害は年々増加してきているんですね。これらの悪徳会社というのは、苦しい境地から救うかのように『審査甘い』と言って近づきます。 そのような苦しい状況で助けてくれる人がいたらありがたくすごく感じるものです。審査甘いと言う悪徳会社は、多重債務者に優しい言葉をかけて、 少しずつ近づいてくるんですね。そして、最終的には高額な手数料などをだまし取ってきたりするんです。 絶対に”審査が甘い”には注意が必要なのです。

メディアのマイナスイメージ

良くテレビ・漫画などで、玄関のドアに「金返せ!」と書かれたビラが貼られていたり、暴力的な罵声を交えた取立ての電話が自宅に頻繁にかかってきたり、更には借りた金額がいつのまにか何十倍にも増えていたりという話がありますが、これらの話は一般の消費者金融ではまず起こることはありません。あくまでも闇金などと呼ばれているごく一部の貸金会社での話しです。消費者金融をこれまで利用したことが無い人にとっては、不安に感じるのが「家族や職場にバレるのではないか?」「厳しい取立てがあるのではないか?」という不安ではないでしょうか。こういったマイナスのイメージが先行している理由として考えられるのが、テレビドラマや漫画などのサラ金のイメージが強く、潜在的頭の中にインプットされているということが考えられます。

法律で守られているのは利用者

貸金業者には絶対に守らなくてはならない、取立てに関する法律で貸金業規制法という法律があります。その内容を一部紹介すると貸金業規制法の21条1項に「債権の取立をするに当たって、人を威迫し又は次の各号に揚げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない」と定められており、上記に該当する一般的な禁止事項として、「早朝夜間の督促」「居宅以外での督促」「はり紙や立看板の禁止」「他社への借入れ促す行為」「本人以外の第3者へ請求すること」「弁護士や裁判所が介入した場合、本人への直接請求」などがあります。この法律を遵守しない業者には、営業停止や貸金免許剥奪という厳しい罰則が設けられているため、利用者は悪質な取立てに悩まされる必要はありません。

重要なのは借り手の環境ではなく人間性

古来よりお金を貸す際はその人の人間性を重視すると言われています。貸す側にとっての最大のリスクとはなんでしょうか?ずばり貸し倒れです。 折角融資をしたのに利息どころか、元本の金額を回収する事ができないというのが、貸す側にとっては最も避ける部分であり、このリスクを回避するためには、 本人の借入状況などの環境面も重要ですが、それ以上に人間性を重視する事も一つの方法です。そのため融資会社が審査を行う理由としては、リスクを回避する方法と して人間性を見るための手段の一つと考える事もできます。

審査の際の注意点

貸し手にとって信頼できない人間性というのは、どういった人でしょうか?それは将来的に返済を投げ出す可能性のある人間です。そして返済というのは 計画性が重要になってきます。物事を計画するためには、一日の視野でしか物事を見る事ができない人には、計画性を持って返済を行う事は不可能です。そういった 長い視野で物事を考えられる人生経験を踏んでいるかどうかが、この人間性を見るポイントと考えてよいのではないでしょうか?融資をする側にとってみれば、融資の 理由よりもその人の歩んできた現在の姿を見る事により、人間性を判断しているのが一般的であり、これは審査が厳しいと言われる理由の一つともなっています。 銀行系のローンなど比較的利息が少なめの融資を希望する場合、特に環境よりもこの人間性をあらゆる角度から判断されます。銀行系融資希望者はその点を確実に 押えておく必要があるといえます。

消費者金融系ローンのメリット

一部の大手消費者金融を除き、ローン審査が銀行系ローン審査と比べると比較的甘めです。そのため慎重な審査など面倒な手続きが苦手な人や、一時的な出費による借入 などには最適となってきます。また比較的規模の小さい消費者金融などは、過去にローンで貸し倒れのトラブルを起こしブラックリストに載った事のある人や、多重債務者への 貸付を行っているところもあるため、該当者にとってはこういった小規模な消費者金融は正に最後の砦ともいえる貴重な存在です。また大手の消費者金融では、低利息による 貸付やおまとめローンなどの商品を取り扱うところもあり、ローンが始めてという一般の人などは、こういった大手の消費者金融も立派な申し込み対象となってきます。

消費者金融系ローンのデメリット

消費者金融系ローンの一番のデメリットはやはり利息の高さです。一部大手を除き消費者金融ローンでは利息制限法ギリギリの利息を請求するケースが殆どであり、 50万円程度の金額であればたいした利息ではありませんが、金額が100万円を越えてくると、銀行系ローンなどの低利息と比較すれば、最終的な支払い金額が増加します。 またローンの支払い方法も消費者金融によって異なっており、銀行系ローンの毎月引き落としなどの便利なサービスと比べると、毎月振り込みを行う必要がある場合もあるなど、 借入後も手間が掛かってしまう事もあります。また小規模の消費者金融などでは返済方法が一括の場合もあるため、こういった返済方法を利用する場合は、厳密かつ計画的な 金銭管理と知識が必要になり、一歩間違えれば貸し倒れや多重債務の原因にもなるため、利用する消費者金融ローンの支払い方法に関してのチェックは必須となってきます。

信販系ローンのメリット

信販系ローンの最大のメリットはその手軽さにあります。クレジットカードは現在広く一般に普及しており、たいていの人がクレジットカードを所持しています。 そのクレジットカードには、お買い物の際に使用するショッピング枠とは別に、キャッシング枠というのが存在し、このキャッシング枠内でいつでも自由に現金の借入が 行えるため、クレジットカードを持っていれば、だれでも簡単にローンの利用が行えるのです。現在では普及している銀行のATMなどでもクレジットカードキャッシングの 利用が可能なため、クレジットカードさえ持っていれば、誰でも簡単に目的を選ばずしてローンが利用可能な点が、信販系ローンの最大の特徴です。 急な出費などどうしても一時的に金銭が必要な場合、この手軽さを活用する絶好の機会です。

信販系ローンのデメリット

信販系ローンのデメリットもまたこの手軽さにあります。簡単に利用できる一見して魔法のような特徴は、使いすぎると利用者の浪費に直結します。 ちょっとした個人的な欲望のために必要以上に、クレジットキャッシングを使えば使うほど浪費の意識が無くなり、無計画な使用を行う事になり、 例えばギャンブルの負けを取り返すために簡単に利用してしまうなど、無計画な使用を繰り返し将来的には多重債務の原因となる事も少なくありません。 クレジットキャッシングを利用する際は、この毒にも薬にもなるという点を明確に知っておく必要があり、万が一の急な出費を補うなど一部の目的を除いては 利用を極力控える自制心が必要になってきます。また利息も殆どが法律上の上限に近い利息です。必要以上に借りてしまうと、利息も含めれば返済は決して楽ではないため、 この点も含めても浪費に繋がる利用は極力控える事が必要です。